口臭対策

子供の口臭に効果的な市販の歯磨き粉の選び方

子供用歯磨き粉はたくさんありますが「どれも同じ」という訳ではありません。

最近ではたくさんの種類がありますが、成分に違いがあり、子供の口臭を目的とした歯磨き粉を市販で選ぶなら必ず成分を確認する必要があります。

代表的な成分といえば

・フッ素
・キシリトール

ですが、ゆすぐことが大前提なのでフッ素は3歳からで、年齢によって推奨濃度が変わります。

また有毒性や研磨剤を気にしている方もいますが、最近では天然成分がメインになっている歯磨き粉も増えています。

発泡剤が含まれないジェルや粉タイプ。

歯が生え始める頃から使えるうがい不要なタイプと種類を選ぶことができますが、口臭が気になるなら、きちんとした口臭ケア成分が配合されていることが重要です。

アリートのような効果が実証されているタイプは信頼もできるので、あれこれ試すよりは確実に使い続ければ効果を実感できます。

口臭というのは、園や学校でいじめの原因になることがあります。

そうでなくても、気にして話すことができなくなったり、学校に行くのがイヤになってしまったりとストレスや人間関係に影響することも。

ただ、子供の口臭で歯磨き粉を市販で探そうと思ったら限界があります。

通販限定などでもサンプルやお試し、返金保証がありますので、上手に活用したほうがより改善の近道になります。

歯が黄ばんでしまう理由って?

毎日気を付けていても、歯が黄ばむ。

こんなこと、ありませんか?

この黄ばみの原因は、いくつかあります。

1.歯の表面に付いた汚れ
毎日お手入れをしていても、歯の汚れが完全にとれないことがあります。
これがついたままだと黄ばみや口臭、トラブルの原因になります。

2.歯石
歯垢をそのままにすると歯石になり、これは歯磨きでは取ることができません。
歯石は色だけでなく口臭の原因になるし、見た目もよくないです。

3.食生活
コーヒーや紅茶など、飲み物のポリフェノールは歯が黄ばんでしまいます。
またカレーなど色の濃いものも着色しやすいです。

4.たばこのヤニ
ヤニは黄ばみの原因になることは言うまでもないですよね。

5.歯磨きのしすぎ
キレイにしているつもりでも、強く磨きすぎてしまったり、間違った歯磨きは歯に傷をつけてしまいます。

6.加齢
歯磨きを続けたり、歯ぎしりなどの癖があったり。
そうでなくても、年齢と共にエナメル質は薄くなり、神経は黄ばみます。

これらを防ぐためには飲み物や食べ物を我慢したり、歯磨きのタイミングを考えたり、歯医者に定期的に通うことも大切です。

が、白い歯をキープするのは難しいです。

だから、毎日アリートを習慣にしましょう。